フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

マニラハポンズ今後の予定(2013年第一四半期)

取り急ぎお知らせします。

2月 3日(日)練習
2月 9日(土)15人制試合(Nomads YCACヘルプ)
2月10日(日)練習
2月16日(土)10人制試合
2月17日(日)練習
2月23日(土)10人制試合&岡田邸BBQパーティー
2月24日(日)練習
3月 2日(土)10人制試合
3月 3日(日)練習
3月10日(日)練習
3月16日(土)マニラ10
3月17日(日)マニラ10 & 練習(え?本当?)&お別れパーティー
3月24日(日)練習
3月31日(日)練習

正式版 2013年総会報告

2013年総会結果報告(正式です)

2013年度ハポンス総会を開催しました。

以下、賛成多数にて承認されましたのでご報告申し上げます。

1) 新幹事

部長 奥野 義彦(前年度幹事指名)

主将 関口 正行(同上)

 副将  杉山 泰憲(主将指名)

 副将  林田 周 (同上)

主務 宮尾 泰助 (総務兼任、部長指名)

広報 宇高 圭一 (部長指名) 

会計 川口 文吾 (同上)

毎月一度幹事会を開催し、クラブの諸事項を決めて行きます。

幹事会はどなたでも参加可能です。ご案内します。

 

2)昨年度活動報告

AJRC 4位

ジュニア 2勝

3)会計報告(ペソ)

2012年

収入:244,704

支出:167,929

2012年末残高:102,794

 

本年度も引き続き部費を徴収(3か月1,500)

100,000残高キープを目指す。

4)本年度活動方針

クラブスローガン「もっとラグビーを好きになろう」

コンタクトチーム目標「打倒台湾」

コンタクトチーム:タックルヒット、積極的なタテ突進。

タッチチーム:タッチに特化した練習。対外試合。

ジュニアチーム: タッチ練習

部員懇親:土曜練習、BBQ、初心者講習、試合観賞会等々諸活動

役割分担:今後相談の上決定

 

総会は、福山さんによる開会スピーチ(ハポンズ創生時の紹介)により

穏やかに始まり、昨年度チームMVP金子さん(関口さんと2人同時受賞)

表彰カップで乾杯、岡田さんによる歌とダンスで締めました(秘密の

あっこちゃんでしたっけ???記憶が飛んでいます。。。あれは何だっ

たのでしょう!)。

 

皆で今年もハポンズを盛り上げましょう。

宜しくお願いします。

 

宮尾主務

Walla Rugby Rules by Sydney South Rugby Referees Associations

WALLA RUGBY LAWS

GAME MODIFICATIONS

PLAYING AREA
The maximum playing area for this age level is 50m x 25m.

PLAYING TIME
Play consists of two 15 minutes halves.

TEAM SIZE
A Walla team has seven (7) players.

BALL SIZE
The recommended ball is size 2 or 2.5 Walla

SCORING
A try is scored when a player places the ball on or over the opponent’s goal-line, and it is awarded 5 points. For safety reasons, they are not permitted to dive when scoring a try. Following a try, the non-scoring team restarts play with a tap restart on the halfway line.

PENALTIES & FREE KICKS
After an offence a penalty or free kick is awarded to the non-offending team. In Walla, the tap- restart or scrum are the options available. The tap restart is taken by placing the ball either on the ground or in two hands and propelling it by the foot it in any direction before regathering.

SUBSTITUTIONS AND REPLACEMENTS
Players may be substituted after a try is scored or at other times when the ball is dead with the permission of the referee. There is no limit to the number of substitutions that can be made in Walla.
Injured players should be replaced temporarily and returned to the field only if they are able to resume playing.

FINALS SERIES

For this age level, enjoyment is first and foremost, therefore it is not recommended to promote competition ladders, finals series and premierships.


LAW MODIFICATIONS

TAG
To affect a tag, a defending player must contact the ball carrier with two hands simultaneously on the waist or shorts.
Once tagged the ball carrier must stop and either pass the ball immediately to a team-mate, or turn and set up a ball-take.

BALL TAKE

At a ball-take, the ball carrier turns and presents the ball to a team-mate who passes the ball immediately to another player.

Defending players not taking part at the ball-take must retire 5 metres. SCRUM

The Walla scrum restarts the game after a minor infringement. It is non-contested which means there is no pushing and the team in possession of the ball must retain it.

Three (3) players from each team bind up as front rows and come together on the referees call – Crouch, Touch, Pause, Engage. The scrum-halves from each team stand on the mid- line of the scrum.

After the ball is thrown in by the scrum-half, the scrum ends when the hooker strikes it backward and the scrum-half passes the ball to a team-mate.

At the scrum the defending scrum-half must not go past the mid-line of the scrum and the defending players not taking part in the scrum must retire 5 metres.

LINEOUT

The Walla lineout restarts the game after the ball carrier or ball goes over the sideline. It is non-contested which means there is no competing for the ball and the team in possession of the ball must retain it.

Two (2) players from each team stand as catchers in a single line three metres away from the sideline. The thrower of the team in possession stands on the sideline at the point where the ball crossed the line.

After the ball is thrown in, the lineout ends when the ball is caught by the catchers and the scrum-half passes the ball to a team-mate.

At the lineout, the throwers immediate opponent must stand in the area between the sideline and the catchers and the defending players not taking part in the lineout must retire 5 metres.

KICKING

In Walla, kicking is not permitted for goal or in general play. The kick-off to begin each half is taken using a punt kick and it must travel 10 metres towards the opponent’s goal-line. The receiver is to be given a 5 metre free-zone to retrieve the ball.

ADVANTAGE

It is recommended the referee allow play to continue after an infringement that is followed by an obvious advantage to the non-offending team. This is called advantage and is at sole discretion of the referee.

OFFSIDE

In general play, a player is offside if they are in front of a team-mate who is carrying the ball, or if they are in front of a team-mate who last played the ball. A player who is offside is liable to be penalised if they take part in the game.

2013年1月28日 (月)

2013年ハポンズ総会のご報告

1月27日(日)に2013年の首脳陣等を決定するハポンズ総会が開催されました!!

まずは、部長人事。

もちろん、この人。奥野さん。この人しかいません。ヨ!マニラの顔!
Photo
今年も宜しくお願いします。
そして、グランド幹部ですけど。
主将はこちら。
Photo_2
キャプテン関口でございます。

サモア人という噂もありますが、噂は噂ということで、
今年は日本人チームのために頑張る所存です。
そして、副キャプテンはこっちと、こっち。
Photo_3
最近、念願の長男ができた杉山と
こちらも3人目(本物)ができた、林田(リンダ)です。
Photo_4
キャプテンも副キャプテンも同じようなキャラになってしまい、
申し訳ありません。
そして、内務部門は、

総務 宮尾さん
広報 宇高さん
会計 川口さん
という陣容でございます。


で、肝心な2013年の活動方針ですが、
「もっとラグビーを好きになろう!」
ということで、いろいろなレベルがあろうかと思いますが、
各々のレベルでもっともっと、ラグビーを好きになろうではないか、
という目標でございます。
具体的には、ハポンズは「ジュニア」(中学生以下ノーコンタクト)、「タッチ」(高校生以上ノーコンタクト)、「メイン」(フルコンタクト)の3部構成とします。

「ジュニア」と「タッチ」は公式タッチフットのルールに則ったタッチフットに特化した練習を行い、タッチフットの大会での勝利を目指します。
「メイン」は、フルコンタクトのラグビーを追求し、毎年12月に行われるアジア杯を目指して活動して行くことになります。

ハポンズが掲げる「みんなでラグビーを楽しもう!」の精神に則り、誰でも気さくにラグビーボールに触れられるよう、タッチ部門を創設。
なあなあでやるもの面白くありませんので、タッチ部門も積極的に対外試合や大会に参加して行こうということになりました。

練習時間も、15時から17時をタッチの練習。
この時間中は絶対!「当たり」の練習はしません。
そして17時から18時をフルコンタクトの練習に充てることにしました。
また、月の最後の練習は、土曜日の同じ時間に実施します。
練習後はみんなで飲みに行きましょう!!


という訳で、ちゃちゃと総会を終えて、あとは飲んだり食ったり、、、
うーん、やっぱり写真を撮るのがめんどくさくなってしまします。。



2012年 MVPの金子。
Mvp
髪型が妙にさわやかな、ノックオン。
Photo_5
おっさん二人。
岡田さん、今年は「部歌」作りましょうね!!
Img_3796
ということで、おやすみなさい。
文責 す 

2013年1月27日 (日)

1月27日の練習報告

やっぱり。。。
練習も仕切って、写真をとるのは難しいっす。
次回からトモコママにお願いすることにしました。
という訳で、今回も写真なしです。(すません)
今日から、ハポンズはこんな風に練習します。
15時から17時 ジュニアとタッチの部  
タッチフット公式ルールに則った試合を意識した練習を行い、タッチフットの専門チームを作って行く。
17時から18時はフルコンタクト。
当たりの基本からみっちりやっていくことにしました。

ということで、前半はとにかくパス練。
みんな、分る?ラグビーで後ろにパスしなくていけないから、
せめてフラットにボールをもらわないと、ずーっと前には進めないよ。
ループもクロスもフラットにボールをもらおう!

最後のシャトルランはキツかった?ジュニアも頑張ったね
でも本当は2セットのつもりでした。

フルコンタクトの部については、基礎からみっちりということで、
迷惑かもしれませんが、初心者ばかりの東京大学ラグビー部が20年前に一年生にラグビーを教えるために採用されていたメニューを全面的に採用します。

辛気くさい、つらいばかりの練習になりますので、あかるくやっていきましょう。

最後のスクワット100回は前回よりも楽でしたね?
じゃあ来週は150回ということで。

がんばりましょう!!

文責 す

2013年1月20日 (日)

1月20日の練習

いつものCSAグランドに行こうとすると、学校の門が閉鎖されているけど、でも中には人がいっぱい。

ちょっと先に進んだ別の出口から入ってグランドにいくと、
なんと、サッカーの大会ですか?
いっぱいの子供達で我々のグランドが占領されているではないですか!!!
サブグラ(芝生は僅かで石だらけ。。なんと言っても固い)も
日本人会サッカー部が韓国チームと試合をしたとかで、こちらも奪われ、
サブもサブ、サブグラの隅っこで練習となりました。
「なんだ今日は入れないのか、休みだな」と思って引き返した人が
いなければいいですけど。

でも人は少なくて、ジュニアは7人かな。
大人は、15人ぐらいでしょうか。

ほぼ時間通り、15時10分から練習開始。
まずはジュニア練(タッチフットのスキルアップ)
ランパスやってもグランドが小さいので、走っても疲れないし。
その後、1対2から、2対3の練習。
パスをもらって攻めるのではなくて、自分で拾って攻めるというパターンで
やってみました。どうだったでしょうか。

ジュニアは、まだまだ確実に余った状況を生かしきれないですね。
もっと練習が必要だな。

そのあとは公式ルールのタッチ。
最近は大人もルールが分ってきたのでジュニアは、なかなか勝たしてもらえないけど、彩夏の激走もあったし、叡理那ちゃんの積極的なサイドチェンジがとても良かったかな。

17時からは大人用の練習。
タッチフットをハイスピードでやりたいところですが、グランドが固く、
数名がリタイヤ。
最後は、4対4で5分×6本ぐらいやりましたっけ??
そして、当たりの練習を少々やって、筋トレ(スクワット80回)やっておしまい。
グランドが狭くても、人数が少なくても良い練習はできるもんです。


文責 す

第7回UP Touch Rugby Invitation に参加

Manila Hapons の有志がUniversity Philippines で開催されたタッチフットの大会に参加しています。

奥野ブチョーの参加レポートを掲載します。
今度は、写真もお願いしますね!!

本日第七回UP タッチラグビーInvitationsに参加してきま

したので結果を報告します。UPからは参加してくれて本当

にありがとう、となぜか大変感謝されましたので、こちらも

嬉しくなりました。

 

1)参加メンバー (敬称略)


宇高、藤本、Colin、まさき、西村、のくお、奥野

(カメラは誰も持っておらず写真はなしです。)

 

2)結果

1勝2敗、予選リーグ敗退。

 

対戦                結果

MH X UP = 01

MH X MARSHELL(大学?     = 13 負(トライ:まさき1)

MH X DON BOSCO(工学専門学校) = 50

(トライ:まさき1、藤本1、宇高1、西村1助っ人1)

 

3)戦評

20分通しという厳しいルールの中、まさきが大学生相手

に、のくおさんは怪我を押しながら、藤本さんは初対外試合、

西村さんはタッチラグビー自体が二回目という、チャレンジング

な布陣ながら参加者はベストを尽くしました。

 

戦術としては、基本通り、アタックについては3回目までは、

ハーフの素早い寄りからフラットパスで相手の同じポジションめがけて

縦突進、4回目以降外展開。相手のオフサイドとチェンジオーバ

ー直後が狙い目。

 ディフェンスでは一人だけ前へ出て、出来るだけ前で止め、

残りは横一線で待つ、ということを心掛けました。


UP戦は朝一ということもあり動きが硬かったですが、引

き締まった試合で、相手が唯一タッチ後のトライ認定(のく

おさん曰く)され、惜しくも0対1で敗れました。戦術が徹底

できなかった点が反省点。


MARSHELL戦ではまさきが大学生相手にダミーパスで

相手ディフェンスを幻惑し、わずかなギャップを突いて先制

トライをとりました。後半に入り、相手陣から外に余らされて

2トライを献上。我がチームは藤本さんが飛び込めば絶対

トライだったという惜しい一本、トライとタッチがほぼ同時と

いうのが一本あり、スコア的には本当は3対3であったという

自己満足をして、次につなげよう、ということで気持ちを切り

替えました。反省点は暑さによる疲労もあり、後半になると

寄りが遅くなり、フラットバスがうまくできませんでした。


③3戦全敗では帰れない、と過去2戦の反省を生かしました。

ディフェンスでは前に出た一人が確実に前でタッチし、アタック

では徹底して縦を突き、相手のディフェンスが戻りきれなかった

り、ボールに寄ったりしたところで、うまくギャップをついたり

外のスペースにトライ。(相手が1、2戦目と比べて弱かった

ということもありますが、ゲームプランを実行できてトライを

とれたことはよかったと思います。

 

UP事務局の担当にまたタッチの試合があるときは我がチーム

にも声をかけてくれるよう頼んできたので、また試合がる時には

声をかけあって参加しましょう。

 

奥野

2013年1月17日 (木)

Jr Touch Rugby Game

Jr Hapons 各位

来週26日に以下の要領でタッチフットの試合があります。
エントリーするかどうか、出欠を確認させてください。

【緊急連絡】今週末のタッチフット大会

今週末の19日土曜日にタッチフットの大会があります。

集合時間 : 7:30 (朝ですよ) 8:00-11:00 が開催時間

場所    :UP (University Philippines ) UP Dilimanat Track and Field Oval

連絡先  :奥野さん

2013年1月16日 (水)

2012年のセブンスでしたっけ?

 2012年10月のセブンス大会で確か、優勝しましたよね??

画像

マニラハポンズ規約

2011年7月17日現在

マニラハポンズ規約

1. 入会

1)入会希望者は新人担当者から渡される各種書類に必要事項を記入して提出する。原則として2回目

の練習参加時に渡すものとする。

 

2. 会費

クラブメンバーは定款第4条第一項第一号に従い、以下に定める額の会費を納める。会費は会計担当者が徴収する。または口座振り込みによる。

【参考】定款第四条第一項第一号

『クラブメンバーは原則として四半期ごとに定められた金額の会費を納め、クラブの運営資金とする。会費支払い義務のある者は在フィリピン成人就業者とする。 未成人(ジュニア)、メンバー家族、その他、在フィリピン成人就業者に該当しない者は無料とする(ただし総会での投票権はなし)。ただし自主的な会費納入はこれを妨げず、かつその場合には総会メンバー資格を有する。未成人(ジュニア)から会費納入があった場合には、実際の投票を誰が行うかは、ジュニア家族の判断に任せる。会費を支払っていない者は、投票権を持たないオブザーバーとして総会参加可能とする。』

1)在フィリピン成人就業者:P.500/人/月。

2)未成人(ジュニア)、メンバー家族、その他在フィリピン非就業者は無料

3)支払い期限:3/31, 6/30,  9/30,  12/31に翌四半期分(=P.1500/3カ月分)を支払う 。



3.グラウンド使用料

練習参加者は練習後一世帯あたりP.100を会計担当者に支払う。 未成人(ジュニア)単独参加の場合は不要とする。 会計担当者はそれを原資としてグラウンド使用料をグラウンド管理者に支払う。余剰が出た場合は部費に算入する。



4. 罰則

定款第五条に従い、下記の罰金、罰則を定める。

1) 会費未納

上記納期に未納の者は納入まで活動を停止する。



5.安全

クラブメンバーは安全第一を心掛ける。  服装はラグビー、タッチラグビーにふさわしいものとする。プレーヤーは金属、メガネ、サンダルの着用でのプレー参加は禁止とする。危険なプレーについてはその場でプレーをとめて指摘しあう。 試合、練習参加者はプレーの前にグラウンド上の危険箇所を取り除く等、安全な環境を確保する。



6.保険

負傷は個人の責任であり、定款第六条に従い、スポーツ保険に加入する事を奨励する。



以上

マニラハポンズ定款

マニラハポンズ定款



第一条 総則

1.名称

当クラブはMANILA HAPONS(マニラハポンズ)という。

2.設立及び名称由来

2006年4月に活動拠点であるフィリピン国メトロマニラの日本人を中心として設立された。

3.クラブの理念

フィリピンを拠点に、年齢性別の垣根を越えた仲間達とラグビーを精一杯楽しみ、感動と喜びを共にわかち合う。



第二条 活動内容

当クラブは次の活動を展開する。

1.参加者のレベルに応じたプレイチームの設置、それぞれの練習・試合・遠征

2.ラグビーを通じて体力を維持、向上させるための活動

3.ラグビーが上達する為の活動。ひいては勝利を目指す活動

4.ラグビーを通じたクラブ外部との交流。ラグビー(スポーツ)の楽しさを教え、広める活動

5.ラグビーを通じてフィリピンのラグビー及びスポーツ活動の発展の貢献する活動



第三条 クラブメンバー

1.資格

ラグビーを愛好する人 (ラグビーが好きな人、ラグビー経験がある人/ない人、ラグビーに憧れていたけどやる機会が無かった人、昔ラグビー部に入ったけど途中で止めてしまった人、ラグビーは怖いけどラグビーの真似だけでもしてみたい人、ラグビージャージを着てみたい人、ラグビーを応援したい人、ラグビーをハードにやりたい人、タッチラグビーだけやりたい人、ラグビーをやれば異性にモテると信じてる人、ラグビーでメタボリック症候群が治ると思う人、ラグビーでダイエットをしたい人、ラグビーで体を丈夫にしたい人、ラグビーでストレスを解消したい人、そしてラグビーで仲間を作りたい人) でクラブ活動への参加、協力を惜しまない人。 国籍、居住地、年齢、性別、プレイヤー、非プレイヤーは問わない。



2.権利

クラブメンバーは次の権利を有する。

1)上記第二条の活動に参加する権利

2)クラブ運営に参加し、役割を担当する権利

3)クラブ運営に関して意見を発言する権利



3.義務

クラブメンバーは次の義務を負う。

1)クラブ運営への協力、役割分担の義務

2)クラブ規約ならびに幹事会の決定に従う義務

3)クラブ会費を納める義務



4.責任

クラブメンバーは次の自己責任を負う。

1) グラウンド内の活動中(試合中、練習中)の事故、受傷、

2) グラウンド外の活動中(試合、練習、遠征の移動中、及びその他クラブとしての活動中の)の事故、受傷



5.入部

当クラブの理念、目的及び活動内容に共感し、入部を希望するものは常時これを受け入れる。但し適正を欠くと思われる場合はクラブ部長の判断で入部を拒否する事ができる。



6.運営組織・スタッフ

1)組織

当クラブは次の組織をもって運営する。

I.総会

クラブの最高意思決定機関。 総会メンバー資格(投票権あり)は、別途第四条1.1)で定める総会開催月を含めた四半期分の会費を支払い済みの者とする。  総会に提議される議案は幹事会にて決定される。以下内容については総会により承認される。



A.定款・規約の変更

B.幹事会メンバー

C.活動計画、予算

D.活動報告、決算

E.その他幹事会で提議された重要事項



II.幹事会

総会で承認を受けた幹事によるクラブ運営執行機関。幹事会はクラブ部長、主将、主務を中心に必要な人員で組織する。



2)会議

当クラブは次の要領で会議を開催する。

I.開催

総会は年度の開始時に開催する。その他適宜、クラブ部長の判断によって開催する。幹事会は適宜開催する。

II.議決

総会及び幹事会での議事は、この定款に別に定める場合を除き、出席構成員の過半数の同意でこれを決し、同数の場合はクラブ部長の判断により決定する。

III.指名

上記幹事会メンバーは次の基準に従い指名される。

A. 新年度クラブ部長は、旧年度のクラブ幹事会のうちクラブ部長を除いた者により指名される。

B. 新年度のクラブ部長がクラブ幹事会メンバーを指名する。幹事会メンバー候補者は各部の責任者候補を含むものとする。各部責任者候補以外の幹事会メンバーは必要に応じて追加されてもよい。

C.新年度チーム部門主将は前年度幹事会により指名される。

D. 新年度チーム部門副将は主将により指名される。

E.. 任期途中に部長、幹事会メンバーに変更がある場合には、変更対象者

を除いた幹事会によりに指名される。

IV.承認

上記にそって指名された幹事会メンバーは総会の承認を得て就任する。



V.任期

上記幹事会メンバーの任期は一年とする。ただし再任はこれを妨げない。



第四条 資産および会計

1.資産の構成( ※別定の規約参照)

当クラブの資産は以下をもって構成する。

1)会費

クラブメンバーは原則として四半期ごとに定められた金額の会費を納め、クラブの運営資金とする。

会費支払い義務のある者は在フィリピン成人就業者とする。 未成人(ジュニア)、メンバー家族、その他、在フィリピン成人就業者に該当しない者は無料とする(ただし総会での投票権はなし)。ただし自主的な会費納入はこれを妨げず、かつその場合には総会メンバー資格を有する。未成人(ジュニア)から会費納入があった場合には、実際の投票を誰が行うかは、ジュニア家族の判断に任せる。会費を支払っていない者は、投票権を持たないオブザーバーとして総会参加可能とする。

2)備品

クラブ運営上必要な備品は上記1.をもって購入する。購入する備品は部長承認とする。



2.資産の管理

当クラブの資産は会計部責任者の責任で管理し、その実務は会計部担当者、内務部備

担当者が担当する。



3.会計年度

会計年度は12月期とし、活動期間は1~12月とする。



4.活動計画および会計予算

当クラブの活動計画書及び収支予算書は、幹事会で起案し、総会にて諮り決定する。



5.活動報告及び決算報告

当クラブの活動報告書及び収支決算書は、毎活動年度終了後幹事会で速やかに作成し、総会にてクラブ部長が活動報告、会計統括が収支決算書を報告する。



第五条 罰則(※別定の規約参照)

1.活動停止・除名

クラブメンバーが次の各号に該当する時は、クラブ部長の判断によりこれを活動停止または除名することが出来る。

1)不必要なラフプレーによりシンビン、没収試合になった時

2)クラブの活動目的に著しく反し、クラブメンバーの適性を失ったと判断される時

3)会費を納入せず、督促後なお三カ月以上納入しない時



2.資格喪失に伴う権利及び義務)

クラブメンバーが第5条の理由によりその資格を喪失した場合は当クラブに対する権利を喪失し、義務を免れる。当クラブは、クラブメンバーがその資格を喪失しても、既に納入した会費その他拠出金は返還しない。



第六条 保険

クラブメンバーのうちチームに参加し練習に参加する者には、スポーツ保険を奨励する。



第七条 定款、規約の変更

この定款及び規約は必要に応じて改訂する事が出来る。その起案はクラブメンバーのだれが行ってもよい。起案に対する検討は幹事会で行い、総会で承認する。



以上

新メンバー募集

 ラグビーを愛好する人、ラグビーが好きな人、ラグビー経験がある人ない人、ラグビーに憧れていたけどやる機会が無かった人、昔ラグビー部に入ったけど途中でやめてしまった人、ラグビーは怖いけどラグビーのまねだけでもしてみたい人、ラグビージャージを着てみたい人、ラグビーを応援したい人、ラグビーをハードにやりたい人、タッチラグビーだけやりたい人、ラグビーをやれば異性にもてると信じている人、ラグビーでメタボリック症候群が治ると思う人、ラグビーでダイエットをしたい人、ラグビーで体を丈夫にしたい人、ラグビーでストレスを解消したい人、そしてラグビーで仲間を作りたい人でクラブ活動への参加、協力を惜しまない人。



クラブ活動は随時、このブログで紹介していきます。



練習日時 : 毎週日曜日 15時から18時



場所   : Collegio San Agustine (学校)のグランド
       Dasmarinas Village,Makati の中にあります。


連絡先  : 奥野 0917-501-6193
       宇高 0917-542-7554

ブログ担当大臣です。

画像

 この度、マニラハポンズのブログ作成及び更新担当大臣に任命されました杉山です。

 全く以て経験の無い世界に飛び込んできたわけですが、クソ暑いマニラで頑張ってラグビーをしている日本人を中心としたハポンズの活動を、適宜報告させていただく所存であります。

トップページ | 2013年2月 »