フォト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

【緊急連絡】3月2日土曜日の10人制試合

いつもぎりぎりまで決まらない、このフィリピン協会の体質、なんとかならないですかね?

そりゃ、どこでも、何時でも行くよという暇な人にはいいですが、
仕事や家庭がある身にとっては、予定が立たない、最も嫌なケースですね。。。

とりあえず、現時点の最新情報(28日(木) 15:00) です。

○10人制大会

場所:NOMADS

ハポンズ集合時間:14:30

第一試合 : 15:30 (10分ハーフ) この日は2試合の予定。

○午前中のタッチフット大会

 まだ連絡がありません。

 2日の午前中ということのみ。 

 文責:す

2013年2月25日 (月)

2月24日(日)練習レポート

アクセス件数1,000件を突破したハポンズブログへようこそ!
やっぱり嬉しいのでもう一回言ってみました。
さて、24日(日)は前日に10人制の試合もあり、学校の連休ということもあって
タッチフット部門のみの練習と予告の通り。
参加者は、ジュニアが3人、大人が15人ぐらいでしたね。
でも、ジュニアに女子大生の新戦力の加入!
もあったりと暑い中でしたがしっかり体を動かしました。
Feb24_4
アップ中に何やらひそひそ話、、
浮田「ここにね、おっきい蟻の巣があるんだよ」
川口「えー、すごーい。」
タッチフットでは、あまり使いませんがボールを追っかける時の陣形確認。
高い球を取る時の陣形を確認しました。次回ももちょっとしっかりやります。
Feb24_2
積極的に女子大生と戯れる奥野ぶちょー。
その後は、球をトップスピードで貰うコツなんかを練習して、
いつもの通り実戦は最大の練習とタッチフット大会!!
世界公式統一タッチフットルールによる延々と続くタッチフットでした。
Feb24_5
さぁいくよ!

Dsc01134
新加入愛ちゃん。でもトイメンはいきなり大瀬氏。
怖くないよ。怖くないよ。。


Feb24_6
左から、中学生、小学生、じいさん、おっさん。
ハポンズはイロイロいます。。。


グランドの外には今日も赤ちゃん。
家族参加型ラグビークラブです。
Feb24_7
そして、本日は終了。あ、シャトルランやるの忘れた!!!!
Feb24_8
本日の練習指揮は石原軍団の靭帯損傷スナイパー。指の先から弾が出ます。
Feb24_12 Feb24_13
トモコさん、このアングルの違いおもしろすぎるんですけど、、
どうやって撮ったんですか??
文責:す(ブログ担当大臣)

2月23日PRFU 10人制試合報告 

2月23日 フィリピン協会主催の10人制試合がSouthern Plants で行われました。

1.メンバー

PR1.岡田、HO.宮尾.PR3.山崎、LO.川口、.高島(おみ)
SH.あべ、SO.エキ、CTB三浦、永田、WTB浮田、あらい


Feb23_2
これは試合後の集合写真です。
2.戦評(名前は敬称略)
 普通の土曜日にハポンズメンバーだけで11人集まるというのはハポンズ有史以来初めてではないでしょうか。
これに関口、金子、大瀬、奥野も加えれば15人が集まりました。
関口、金子はEAGLESで登場、大瀬は出張中の仕事の合間の僅かの時間を見つけて試合会場にかけつけてくれ、ハポンズの試合には間に合いませんでしたが、助っ人とし
てMARBELICSで出場。一人でタックルしまくってました。
三浦もラグビー初試合だというのにMARBELICSの試合にも助っ人で出場。
さすが元アメフトライスボウル優勝メンバー!
10人中5人がハポンズでラグビーを始めた選手、4人がラグビー対外試合デビューという記念碑的な試合となりました。
FW、BKにはFALCONSからVAN, IZACという二人のニューギニア人が助っ人に来てくれ彼らも大活躍してくれました。 
 対戦相手はMAAP(で予定通り)、キックオフも2時半ちょうど(予定通り)とい奇跡が起こりました(30分くらい遅れて始まり、相手も変わるというのがいつものパターン)。
Feb23kick_off
さぁ、キックオフ!
Feb23fw
ハポンズ重量FW。明らかに重そう。
Feb23_5
ハポンズの新BKSライン誕生!
スコアは「21対0」で完勝。 

1本目は前半みんなでつないで最後はニューギニア人がトライ、2本目は後半に敵陣22m中盤あたりのラックから三浦が二人をかわして30mの独走トライ、3本目はニューギニア人がキックしてそれを自らチェイスして個人技トライ。
Feb23_4
ちょっと遠いけど、、三浦君初試合初トライの快挙!
これはクセになるね。きっと。
トライ後のゴールはニューギニア人とあべが全部決めました。いずれにしても日頃培った基本プレーを遂行し、少しでもそれが発揮された大変うれしい勝利でした。


岡田さん、グリークラブで練習不足でしたがキックオフ直後の突進は相変らず
力強く起爆剤になってくれました。
Feb23_6
唱うオヤジラガー岡田氏、広い背中が渋すぎるっっ!

宮尾さん、走って、つないで、当たって、タックルして若いメンバーに混じって大活躍。

山崎さん、アップシューズにもかかわらず相手を押しまくっていました。

あべちゃん、SH2試合目。だんだん慣れてきて球捌きも安定してきました。

川口さん、覚えてないらしいですが、確かに何度かいい突進をしていました。
Feb23_7
しっかりボールをホールドしてますよ。
Nice Down Ballが出来たはず。ナイスプレー!

おみさん、さすがもうベテランプレーヤー、アタック、ディフェンス両方とも積極的に行ってました。

エキ、(日本語読めないでしょうが)慣れないスタンドオフでなんとかチャンスメイクしようとよくがんばってました。

三浦さん、ラグビーの試合とは初めてとは思えないくらい、いい動きしていました。トライもとったし、MAN OF THE MUTCHです。

永田さん、(ゴールラインを超えて走り抜けた)三瓶伝説に続く、ゴールライン手前の線での幻のトライ!研究心も旺盛。今後の伸びに期待です。

浮田さん、ファンブルさえなければトライでしたね。次回はトライとってください。

あらいさん、後半最初の5分出場。ハポンズの公式戦最年長出場記録(従来は須藤さんの60歳)を更新。試合に出たことが奇跡と思いましたが、今も上達中ですね。 ボールタッチはありませんでしたがラックに参加。
次回はボールもらって走ってください。


次回はMARBELICSかな。MAAPよりちょっと強いので気を引き締めて、
いつも練習の成果を発揮しましょう。



文:奥野ぶちょー

2013年2月22日 (金)

2月23日(土)試合の連絡

ハポンズメイン部門各位

23日(土)のPRFU 10s Matchは以下の通りです。

場所: Southern Plans (添付地図参照)

時間: 集合13:30 試合開始14:30

相手: MAAP (10分ハーフ)

大雨等で中止の場合はSMSによる連絡を行いますが、幹部まで問い合わせください。

Map_for_eagles

文責 す

2013年2月21日 (木)

【祝】1,000 アクセス達成!

素直に嬉しいんです。

私自身で100回ぐらいアクセスしてますけど、私以外に誰かが900回も!

感動です。

文責 す (ブログ担当大臣)

2013年2月19日 (火)

Bangkok 10s 参戦記

 2月16-17日タイのバンコクで開催されました「Oakwood Bangkok 10s」にマニラハポンズから奥野ブチョーと杉山副将が参加してきましたのでご報告です!

 Oakwood Bangkok 10sは、バンコクにいる元カナダ代表、日本IBMでもかつて
プレーをしていたEddi Evansが主催する10人制大会。
今回も地元タイ人チームをはじめ、地元西洋人チーム、地元日本人チーム(ご存知Bangkok Japanese)に、ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール、香港、インド、マレーシア、そして日本から全24チームが集まり2日間でラグビーやビールをとにかく楽しむ大会です。
元南アフリア代表キャプテンのスキンスタッドや、ニュージーランド州代表クラスも
やってきて、かなりのハイレベルの大会になってきています。
ハポンズからの二人は、Bangkok Japaneseと、日本からOver 35の部に
エントリーしてやていた学士ラガーの助っ人として参加を招聘されておりました。
16日(土)まずはBangkok Japanese の助っ人として、日本からやってきましたOval Boysと日本人対戦。
Oval Boys はBangkok 10sは5回目の参加。毎年法政大、関東学院大、東海大、立命館大等の有力校から卒業を控えた4年生や、社会人1−2年目のフレッシュな若者を
集めて参戦してきています。
対するBangkok Japaneseは土曜出勤者が多いことから人数も集まらず、助っ人のハポンズ2人も交替なしのフル出場。
Oval
センターをやらせてもらえた!奥野ブチョーの突進!
Oval_2
杉山も高い、けど熱いタックル!
Oval_3
19番は杉山です。
Oval_4
はい。手前は杉山です。
試合は、オヤジ混成チームが日本の若者に勝てる訳もなく
惨敗。唯一気を吐いて取ったトライは、私、杉山でございます!
そして、休憩する間もなく学士の試合に出場。
Photo
な、な、なんと、奥野センター、杉山ウイングという”夢のライン”。
誰ですか?
”それは悪夢だろ!”と言っている人は。。。。
相手は、どこでしたか? 
おそらくインド方面のチームであったかと思われます、、、
その後も、Bangkok Japaneseと学士ラガーの助っ人をこなす予定が、
杉山は、Bangkok Japaneseの二試合目にじん帯損傷の怪我で退場。
Photo_2
苦笑しかできません。。。。。
奥野ブチョーはその後も、Bangkok Japanese の助っ人でトライを上げ、
学士ラガーでも出場を続けて、この日殆どフル出場で6試合を戦い抜く大健闘。
しかし、同行の朋子ママは一試合目以降の写真撮影を断念してしまい、
これ以降の写真がない、とい状況でございます。
あ、土曜日最後の記念写真が、こちら。
Photo_3
見事なほどに、おっさんだらけの学士ラガー。
翌17日(日)は、杉山は通院のため後半から見学。
学士ラガーのOver 35 プレートトーナメント一回戦で、奥野ブチョーも
前日の大車輪の活躍が祟って肉離れで退場。
こうして、ハポンズ2人の助っ人は怪我で終わるという
悲しい結末になってしまいました。
Photo_4
学士ラガー最終戦のあとの記念撮影です。
奥野ブチョーも杉山も、ともに元Bangkok Japaneseの一員ですので、
ハポンズからの助っ人というよりは、OBというステータスに近いと思いますが、
こうした機会を通じて、またいろいろな人とつながりができ、
ラグビーの素晴らしさを再認識してきた次第です。
特にBangkok 10s には日本からも安定的にメインコンペに2チーム、Over 35に1チームとエントリーを続けており、日本人チームとの対戦、あるいは共闘もまた楽しいものです。
そんなわけで、もちろん今回も多いに楽しませていただきました。
一日も早く、怪我を治して復活したいと思います。
文責:杉山 
追記
「杉山の写真ばかりだな」とのご批判がありそうですが、
写真の撮影及び選択は杉山自身ではございませんので、あしからず。

2月17日(日)練習レポート

1年ぶりに大学生トオル君、数ヶ月ぶりに仏人奥様のエマが登場。
60過ぎの新井さん、合唱明けの岡田さん他、バラエティに富んだ顔ぶれ。
ジュニア5名、シニア20名くらい。

そして、本日は特別、ワセダ練習!!!

3時~4時 基礎練:
一人パスとラインパス:当地ご出張中の大瀬さんにお願いして、ワセダの練習をしました。

すると、、、

30分後には、ジュニアの5人ラインが、早大の黄金バックスのような美しいラインパスを回せるようになりました。

(正直おじさんラインはまだまだでしたが)。

コツはスタートにおける「溜め」。
言葉にしてもわからないと思うので、参加したジュニア、今度皆さんに教えてあげてください。

4時~5時:タッチフット

久しぶりにジュニア・シニア混ざってやりましたが、進境著しいリサやみさきがどんどん球を持って走りました。
大人も近くにいて声を掛け合えるし(ほい次、そこハーフ行って!あの青シャツ頼むよ!)、

それはそれで良かったと思います。

その後、恒例となったシャトルラン:相変わらず苦しいけれど、だんだん呼吸の回復が早くなってきたように思います。錆びていた加速装置も動くようになってきた!

文:宮尾

<フルラグビーチーム練習> 17:00-18:00

1. 基本姿勢(スワロー)

これは、タックル、オーバー、全ての基本なので、

繰り返し、繰り返し、身体に染み付けるくらい練習しましょう。

毎週やっていると、知らず知らずのうちに、下半身に筋肉がついていきますよー。

2. コンタクト基礎練習

一対一でのヒットとタックル(立った状態)。

ヒト対ヒトのコンタクトに慣れていない選手がおおいため、

当たる際のヒットのインパクトと、身体の当て方、顔の位置(怖いので)等を学びました。

ディフェンスも、相手に正面から胸で止める意識を持って、当たる瞬間のインパクトがとても大事。

3. ラック練習

(ヒット→ドライブ→ダウンボール→スウィープ)

ヒト対ヒトの当りをそのまま、先週までやってきたラック練習に応用しました。

最初は、2対1でヒァトとオーバー、DFは一人。

最後にちょっとだけ、ヒットとオーバー2名、DF二名でやりました。

10%のヒットのはずが、皆さんだんだん力が入ってきてましたね。

岡田さんとアーロンはサバンナの獣がじゃれているようでしたね。

山崎さんは、相変わらず重量FWでしたね。誰も、止められない。

4. 大瀬先生と玉記レフリーからのルールアドバイス

DFの際に、ボールに絡んだ状態であっても、当ってきたプレーヤー(ボールキャリア)の膝が地面についた時点でタックル成立。ボールを一度離して、バードのジェスチャーでボールフリーをアピールしてから、ジャッカルをする。

昨日のコンタクト練習を見ていると、寝た状態でボールにプレーをしようとしてしまう選手が見かけられました。

膝をついた状態で、ボールに働きかけてはいけませんので、要注意。

寝たら、すぐに起き上がる、そして、当る、寝る、起き上がる。

だんだん練習になれてきたら、杉山副キャプテンは、こうゆう練習メニューをすると予想されますね。

走る、当る、寝る、起きる、タックル、起きる、走る、当る、寝る、起きる、タックル・・・。

何とハードなスポーツでしょうか。

文:キャプテン関口

【重要連絡】 今後の日程(変更)

以下の通り、日程の変更があります。また、参加者の募集もしておりますので、積極的な参加をお願いします!!

  • 今週末2月23日(土) BBQ大会@岡田邸は中止。
    しかし、試合後の懇親会を行います(場所未定)。

    まずは、試合へのエントリーをお願いします。その後は、勝利の美酒で宴会です。
  • 3月2日(土) Nomadsでのタッチ大会に参加します。
         

  共に、ハポンズ一斉メールに添付の「伝助」にて出欠確認をしていますので、エントリーをお願いします!!

 ☆アクセスが分らない方、宮尾主務までコンタクトをお願いします。

文責 す

2月16日ハポンズJr. 試合報告

2月16日(土) イーグルスのグランド行われましたフィリピンラグビー協会公認タッチフット大会に参戦した、ハポンズJr.の試合報告です!

どなたか、写真をお持ちの方、スギヤマまで送ってください。
以下、引率いただきました宮尾主務のレポートです!

本日Jr.試合結果ご報告。
メンバー:航大、あやか、優
、となん、りさ、まさき、みさき(7人)

☆ 8時半集合。配布されたスケジュール表では、U14は9時から6チームリーグ戦5試合!しかし、当日朝、3チームが来ないことが判明し、結局3チームでリーグ戦2回戦総当たりとなりました(マットも困ってましたが、慣れたものです)。そしてなぜか850分には第一試合が始まりました。恐るべしPRFU。

☆ 注目された新ルールは、タッチされたら、後ろを向いてハーフに手渡しする(本当は、ハーフが肩からあたってボールを取る。英語でリップと言う)と言うもの。「コンタクトラグビーに近いから」という理由だそうです。他はいままでどおりです。もちろんスクラムもなし。でも、今までのロールダウンもOKということになって、結局、今までと同じやり方のチームもあり。頭の良い子のそろったハポンズはもちろんリップ手渡しができました!。

☆ 結果

一試合目 0-4 EIS

二試合目 0-3 Tuloy

三試合目 0-2 EIS

四試合目 3-4 Tuloy

ゲームキャプテン航大の「がんばろう!」という掛け声のもと攻め続けるも得点ならず、逆にカウンターアタックからの失点が続く。
しかしながら、第4試合、リサがスルスルと抜けて先制トライを奪うと、その後も得点チャンスをものにし、大接戦となりました。

☆ 交替1名のみ、体調不良者もいて、しかも男の子ばかりのチームの中で唯一の男女ミックスチーム。暑い中皆さんよくがんばりました。
次回は323日土曜日。

Go Hapons Jr. !!!

みやお

2013年2月15日 (金)

2013年3月いっぱいのイベント等の連絡

ハポンズジュニアの卒業式があったり、期末月であったり、、何かと忙しい3月ですけど、
マニラハポンズは、マニラ10sへの参加を中心に以下のように活動しています!

Check out !

2月16日(土) ジュニア タッチフット大会 朝8:30集合 @イーグルスグランド

2月17日(日) 通常練習

2月23日(土) メイン部門10人制大会参戦 時間・場所未定(おそらく午後)
         夕方 岡田邸BBQ (家族参加型宴会です!)

2月24日(日) 通常練習(但し、17時までの予定)

3月2日(土)  Nomads Touch Tournament 参戦予定 (午前)
         メイン部門10人制大会参戦 @Nomads (午後)
         マニラ日本人会 盆踊り

3月3日(日)  通常練習

3月10日(日) 通常練習

3月17日(土) マニラ10s 時間未定 場所@Nomads

3月18日(日) マニラ10s 時間未定 場所@Nomads その後打ち上げ

3月23日(土) ジュニアタッチフット大会 時間・場所未定(おそらく午前)

3月31日(日) 連休ですね、練習はお休み?

「未定」というのが多いのは、フィリピンならではと思い、ご勘弁。
ただし、主催者側の都合による中止以外は、記載分は参加しますので、各自スケジュール調整をお願いしますね!!

文責 す 

以上

2013年2月11日 (月)

2月10日練習レポート

マニラも 少しづつ暑くなってきている気がします。
こうした季節の変化も初体験なのですが、4月、5月に向けて暑くなっていくのでしょう。

そんなこんなで、今日は期末テスト前でMJS中学生チームはお休み。
関係者ないよ、とISM組と、高校も決まって余裕シャクシャクの叡理那ちゃん他ジュニアは7名。

大人は、まずはタッチ部門15人の参加でした。

まずは、パス練。

後ろにパスしてばかりじゃ、前に進みませんから。
スローフォワードを恐れずにフラットにパス! そこにパスを取る人は走りこむイメージ。


Image


Image_2

あ、クリス、危ないよ!!

そして、Walla Rugby のルールでタッチフット。
本当にこれで来週の大会はやるのかなぁ、、、

Image_3


Image_4

そして、いつものダッシュ!! 慣れてきちゃった?
出し切ることが大切です!


Image_5


そして、いつもの通り5時からは当たりの練習。
昨日土曜日に15人制の試合をYCACの助っ人で出場した、高齢ラガーの奥野ぶちょー、小生は
ちょっと引き気味きみで、金子、関口もお疲れの様子。

基本プレーを中心にしっかりやりました。


Image_6

痛いっすけど、毎週やっぱり体を当てておかないと。。

ということで、来週16日17日はバンコク開催の10人制大会に、
奥野ぶちょーと小生、そしてコリンが参加してきますね。

ジュニアは、16日(土)の午前中にイーグルスのグランドでタッチフットの試合です!

頑張りましょう!


2013年2月 3日 (日)

2月3日 練習レポート

いつも通りにダスマニアビレッジのCSAに行ったら、なんといつものグランドが
資材置き場になってますよ!
この前はサッカーやってるし、今度は資材置き場。
もっと全面のしっかりしたグランドで練習したいよーーー!!
というわけで、本日の練習はサブグラ(カチカチ、デコボコ、、)
集まりがそんなに良くない。
ジュニアは6人かな?大人も出足が悪いですね。
最初に、パス練、キックからダッシュ、ストレッチ、キックダッシュ。
P2030127_2
そして、今日は来週からのジュニアの試合が、Walla Rugby のルールで
やるということなので、その説明。(ルールは別添ですね)
P2030140
今日は話し合いながら進めることが多くなりました。
Walla のルールはジュニアにはいいかも。
ダウンボールしなくて、どんどんボールを展開できるので、結構いいテンポで
球が回るね。
良い感じのトライもあったし。
十分、いける!よしよし!
そして、恒例のラン!
ジュニアも頑張ったね!
P2030170
これでジュニアとタッチ部門は終わり。
その後、コンタクトの面々は、、まずスワローランで姿勢の確認。
P2030176
そして、今日はラックの日です。
ひたすら、ラックの基礎。。。
P2030193
ちょっと位置が高いけど、姿勢はいいですよ。
そんな、ハードな大人を尻目に、子供は遊びまくりです。
P2030180
家族の理解あってのラグビー部です。
みんなも一緒にグランドで遊ぼうね!!!
P2030134
金子家長男、クリス君です。
今日は、病み上がりでやらせてばかりですいません。
来週から俺もちゃんと走りますので、もっと厳しくなります。
今日は遠慮しちゃったなぁ。。。
写真 ともこママ
文責 す

2013年2月 2日 (土)

まぶはい 1月号の記事より

 

「ラグビーは人を選ばない」    小田切和子

 

 フィリピンに赴任して2か月。パラパラと「まぶはい」を見ていた。何かしたい、でも何を…。たくさんある同好会、クラブの中で目に入った「RUGBY」の文字。日本で仕事を始めてから、ラグビー関係の知り合いが増えたこともあり観戦にはよく足を運んでいた。「そこでタックル決めろ~!!」「抜け~」と必死で応援したものだった。でも、そんな私にラグビーなんてできるだろうか??「女性大歓迎??まさか。」半信半疑のまま、でも何かに駆り立てられるように気がついたら部長に電話をしていた。

 そして初めてCSAのグラウンドに足を運んだ6月。女の人もいる!と思いきや、プレーヤーはいなかった。(後にわかることだが、この女性たちもクラブを支えてくれている大事な存在である。)初めてのタッチラグビー。自分がどう動けばいいのかわからなかった。さらに左手首の骨折の痛みが尾をひいて思うようにいかない。観戦しているのとは全く別世界。「やっぱり女性大歓迎のはずがない。もっと自分に合った趣味でも探そうかな…」と思っているうちにあっという間に(いや、けっこう長かったかな)3時間は過ぎ、終えてみると意外と楽しかったことに自分で驚いた。練習後に「来週ももちろん来てくれますよね?」と質問され、なんとなく口から「はい」と出てしまった。内心は迷っていたけど、でも来週も来てみよう!!!そしてその次の週も、その気持ちは変わらなかった。よし来週もやっぱり来てみよう。そしてそれが毎週のことになった。辞めるという選択肢はいつしかなくなっていた。それくらい私の日常に「ハポンズ」が入ってきていた。

 女性大歓迎なんて…と思っていたけれど、ハポンズメンバーは、私のことをいい意味で特別扱いしない。タッチラグビーで男性陣のアップ練習が始まっても、人数が足りなければ「入る?」と声がかかる。ダッシュの練習は「参加するよね?」と誘ってくれる。そんな時、チームの一員として認めてもらえているんだと嬉しく思う(もちろん実力は伴いませんが…)。ハポンズに入って、ラグビーは男の人のスポーツというイメージを捨てることができた。経験者、未経験者、大人、子ども、男女問わず一緒にラグビーができるハポンズはすごい。もちろん幅広いプレーヤー層なので時には話し合い、思いをぶつけ、グラス片手に(?)語ることでチーム力を強めている。

 ハポンズに入ってから、自分自身が後ろ向きな選択をしなくなったと思う。何かを諦めるのも投げ出すのも簡単なことだ。捨ててしまうよりずっと、持ち続けることの方が難しい。でもみんな仕事が忙しくても、可能な限りは日曜に集合してラグビーをする。シンプルに『ラグビーをしたい』という気持ちさえあれば続けられる。ラグビーは、ハポンズは、人を選んだりしない。選ぶのは自分自身。

 そのことを教えてくれたハポンズに感謝。          

 

 

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »