フォト
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

8月24-25日 ダバオ遠征報告 (完全版)

8月24日・25日ダバオ遠征

 

 台風による大雨の影響で、各地で洪水に見舞われているマニラを24日朝に旅立ち、ドリアンの楽園ミンダナオ島の中心地ダバオに、マニラハポンズの精鋭メンバー(平均年齢若干高め)が降り立ちました。

 

 今回の遠征はマニラハポンズとダバオのローカルチーム「ドリアンズ」とのラグビーを通じた交流をテーマに、二日間の日程で練習や試合を行うといったものでした。ドリアンズを率いるコーチは、名門桐蔭学園高校出身、現在ダバオの大学で教壇に立つ武藤さんです。優しい笑顔と熱い闘志をあわせもつ生粋のラガーマンでした。

PhotoPhoto_2

 初日は、元フィリピン女子代表の熱血コーチの指導の下、充実した練習をすることができました。基礎トレーニングから始まり、徐々に当たりやゲームの要素も加えたセッションも実施しました。ラグビー経験が浅いながらも生まれ持った身体能力の高さをみせつけるドリアンズのメンバー。一度スピードに乗せてしまったら止めることはできません。また一方で豊富な経験と老獪なテクニックで相手を翻弄するハポンズのメンバー。奥野部長のフェイクパスや日向遠征チームキャプテンが指揮する組織的ディフェンスで対抗します。両チームともお互いの長所を知り、吸収することができました。

Photo_5Photo_6

 初日夜のナイトアクティビティーでは、ハポンズの名物飲み「ハッポン」をドリアンズのメンバーに伝承することができました。またここでは、ドリアンズの専属ドライバーの脅威の肉体が披露されました。聞けば、ダバオで活躍するプロボディービルダーということ。ドリアンズに加入すれば、FW陣の救世主になるのでは。。。明日は試合ということもあり、楽しいながらも飲みはほどほどにして就寝しました。

Photo_7 Photo_8

 そして、二日目、新たに宮尾、北口、Nの三人がダバオに到着、さらに現地で都立田無高校の現役バックスを発掘、即チームと合流し、いよいよハポンズ史上初のミンダナオ島での試合が始まりました。

Photo_9

Photo_10

助っ人ダイスケ君

 第一試合は7sです。試合序盤から「いつかャンスが回ってくると思って数十年間ずっと準備をしてきた」と語った宮尾が、正SO不在のチーム事情の中、代役SOとして見事に穴を埋めました。勢いに乗ったハポンズは今やトライゲッターと化した快速ウィング原木の見事な2トライ、Nの人生初トライなどで次々と得点を重ねました。結局試合は6-1(前半2-1)で快勝!

Photo_11Photo_12

 続いて行われた第二試合は10sです。キックオフからのビッグプレーが生まれました!オミのノーホイッスル独走トライです。これでオミはマンオブザマッチ。SH日向氏は唯一人、全試合全時間出場、主将としての責務を果たし、北口、浮田の安定したパスとタックル、奥野部長の経験を生かしたトライ等々により、グランドの広さがほどほどであったことも幸い、こちらも3-1(前半2-1)で勝つことができました。

Photo_13

更には、混合ゲームも行い、全員が精魂出し切ることができました!

 

 初対外試合とは言え大学生主体、若さと速さ、さらに巨漢プロップもそろえたドリアンズ。実践経験不足ですが、ポテンシャルは十分。実力差は点差ほどではありません。週3回、厳しいトレーニングに勤しんでいますので、やる気も満々。来月クラークで行われるFat10での活躍が期待されます。

 

 試合後は、プールサイドでアフターファンクションを行い、ノーサイド精神を分かち合うことができました。また、代表者挨拶では、武藤さんから第二子誕生のご報告がありました。公私共に充実されているご様子、お忙しい中、今回の遠征のご準備ありがとうございました。また、ドリアンの差し入れ、ありがとうございました。来月またお会いしましょう。MOMのスピーチでは、オミが「ラグビーに国境も島境もない。これからハポンズとドリアンズの交流を深めていき、更にフィリピン全土にもラグビー文化を広めていきたい!だれがやるって?俺がやる!」とタガログ語、英語、日本語で熱弁しました。さすがMOMだと感服させられた瞬間でした。

Photo_14Photo_15


Photo_16 Photo_17

 ダバオ市は空気もきれいで、見所もたくさん。治安も全く問題なし。また来年も、チームで遠征しましょう。

Photo_18

文責 N

Photo_19

2013年8月16日 (金)

菅平だより

8月12日。 

大澤ジュニアの翔舞(3年Aチーム)、駿(1年Bチーム)のいる長崎北VS茗溪(悠・2年Bチーム)。 ついにHapons Jr.の対戦が実現しました。

大澤ブラザーズは二人ともフランカー。 翔舞くん、さすが最上級生。
安定した貫禄のプレーです。 太もも、腰回りが去年よりさらにがっちりして、おばさんウットリ。

Photo_2
駿くんは試合前に私に気づいてくれて、さわやかな笑顔でごあいさつ。 試合後は悠と一緒に記念撮影できました。 翔舞くんの写真がないのが残念。

P8120451

8月15日。

①三瓶ふぇでりこくん(法政二高・2年・3番)の午前の試合(対国学院栃木…ザッキーの母校ですね)が8時開始と早すぎて間に合わず。 グラウンドに着いた時はすでに試合が終わったところでしたが、なんとかふぇでりこくんをつかまえました。 とにかく大きい! 180センチ弱の93±1キロだそうです。 ほんと、頼もしいです。 プレーが見られなかったのが残念でした。 三瓶ファミリーも菅平にいらしたそうですが、日程が合わずこちらも残念無念。 来年はぜひお会いしましょう。

②長崎ー門司ーフェリーー大阪ー菅平の長旅を経てやってきた大澤ファミリーと1年ぶりに再会。 三男・蓮(中2・フッカー)くんは背がスーッと伸びていて好青年になっていました。 人懐こい笑顔は変わらぬまま。 所属する長崎ラグビースクールが九州大会2位となり、9月に水戸で行われる全国中学生大会に出場するそうです。 四男・悠(小3)もラグビーやってます。甘えん坊の悠くん、見ていて微笑ましい。

Photo

③お昼を一緒に、と大澤ファミリーと蕎麦屋さんに向かっていたら、なんと向こうから ふぇでりこくんと悠が仲良く歩いてくるではないですか! これには本当にビックリしました。 Hapons OB大集結です。

キョウヘイさんのお店もすぐ近くだったから、呼んでくればよかったかしら。 でも、別の時ですがキョウヘイさんともお会いできてよかったです。

④茗溪の試合をやっているときに、隣接したグラウンドで練習を始めたチームがありました。

 今日から菅平入りした一橋大です。
そのグラウンド(5番)に行くには、試合をやっていたグラウンド(4番)を通らなければ
ならなかったことが幸いし、悠が福山ノリくん(一橋大2年)を見つけたとのこと。
菅平には108面のラグビーグラウンドがあるそうですが、こんなこともあるのかと本当に驚きましたし、感動すらおぼえました。


P8150469_2

奥野朋子

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »