フォト
無料ブログはココログ

« 1月26日練習&総会のレポートです。 | トップページ | Eagles Southern Plains Map »

2014年2月 3日 (月)

練習のポイント (2月2日練習) 

昨日の練習でやったことのおさらいです。

タッチフットをやる際、ハポンズ(子供も大人も)が抱える最大の問題点は2つ。

 

 止まってボールをもらってしまう。

 攻撃ラインが非常に「浅い」

 

 2つは密接に関わっていて、実は同じことを言ってます。

ハポンズは実にディフェンスラインから非常に近いところにポジションを取ってボールが来るのを待っている人が多い。ボールをもらっても、その位置からは何も仕掛けることができなくて、結局詰まってしまうだけのことが多いですね。

Photo

ボールをもらう時はハンズアップ

Photo_6

ゆうくん、久しぶり!! 来週のインター対抗戦頑張ってね!

 攻撃は、①深いところ(ディフェンスから遠いところ)にポジションを取って、②スピードに乗って動きながらボールをもらうこと、これが攻撃に関して「最低限」求められることだとまずは認識してください。

Photo_4

確実なダウンボールを!!

 タッチフットだろうがタックルラグビーだろうが、ラグビーにおける攻撃の肝は、「空いたスペースを作り出すこと」。そして、そのスペースをスピードに乗って「走り抜けること」です。

スピードがなければ十分なスペースが必要、スペースが十分あれば、そこそこのスピードでいいという関係、つまり、

 

 トライ(一定)= スピード × スペース という関係になると思っています。

 

 ですから、「浅い」ところで「止まって待って」ボールをもらうということは、スピードもなく、スペースをつぶすだけですから、最低のプレーです。

 

では、どうするか。

 

 まず、ポジションを深いところに取る。隣のプレーヤーより23メートルは下がりましょう。そして、ボールがスクラムハーフ(SH)から出されたところで、走り出し、加速したところでパスをもらう。

まずは、この点を徹底します。これで、「スピード」が確保されます。

 

次ぎに、「スペース」をどうやって作っていくか、というところがポイントになりますね。

 

そこも昨日の練習では

 

 カットイン

 カットアウト

 シザース

 ループ

という基本動作をやりました。

 

 これらのポイントについては、追々説明していきますし、今後も継続して練習していくつもりです。

Photo_2 Photo_3

揃って出る、、、揃ってない!!(怒)

 ラグビーの攻撃に関してテクニカルなポイントは沢山ありますが、基本中の基本として、「スピード」と「スペース」は非常に重要ですので、常に頭の中に入れておいてください。

Photo_5

全く状況が分かりにくい写真です。

 

以上

文責:ブログ筆頭管理官 

Photo_8

スピードっすよ。

« 1月26日練習&総会のレポートです。 | トップページ | Eagles Southern Plains Map »

練習レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1823589/54845971

この記事へのトラックバック一覧です: 練習のポイント (2月2日練習) :

« 1月26日練習&総会のレポートです。 | トップページ | Eagles Southern Plains Map »