フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

ラグビー日本代表がマニラにやってくる!!

 ラグビーファンの皆さん、嬉しいお知らせです。
 アジア五カ国対抗 日本 vs フィリピン5月3日(土)マニラで行われます。
 しかも、あり得ないことに我々ハポンズが普段試合で使わせてもらっている、
 マニラ南部のEagles' Nest という場所が試合会場。
 もちろん入場は無料
 日本での観戦では、国立競技場や秩父宮で距離のある観戦しかできませんが、
 Eagles'Nest では、選手達とほぼ同じ目線、
 荒い息づかいまで聞こえてくる距離で試合が見られます。
 
 いや、日本代表の試合を感じることができるのです!!
 
 場所はショボショボ、国際マッチをするにはあり得ない環境ですが、
 それが逆に我々観戦者には幸いしていると言えます。
 こんなチャンス、マニラにいないと得られません!
 
 もう一度、
 5月3日(土)キックオフ 15時 
 
 場所 Eagles' Nest
                皆さんご存知のカンルーバンゴルフ場に向かう
    SLEX のSilangan Exitを出てすぐの場所にあります。
    下の地図をご覧下さい!! 
 
Eagles_nest

2014年3月26日 (水)

2014年 マニラ10s報告 【2日目】

2Manila 10sの2日目

Knock Out Tournament。

1_2

清々しい朝。早朝の和尚。

Hapons 野久尾、鳥井、杉山、James、岡田、宝来、奥野、北口、横山、長田、辻、村越、日向、古城、内藤の15名
Samuraisは変更なし 小野、渡辺、高久、内藤、佐野、石川、大澤、ドン田中、瀬戸口兄弟(カズ、トモ)、大王(北原)、宮尾太郎、阿部の13名
2_3
Samurais 第一試合 vs CBRE Maverick Vipers  
 昨日報告したように前日と全く同じ時刻、同じ組み合わせ。  SamuraisのKOで試合開始。が、開始いきなり42秒、相手のすばしっこい23番にブラインドをつかれトライ。0-5  その後は一進一退でいい勝負をするも3分過ぎに再びトライを取られ、さらに終了間際にもトライを取られ0-19で前半終了。  
 後半はKOからの宮尾太郎の激走など、いいシーンがあったのですが、2分過ぎに大澤負傷退場(結果的には病院に行くまでもなく良かったです。)  5分に攻め込んだマイボールをハンブルから相手に拾われ、トライ。0-26でノーサイド。  
でも後半は取られたのはこの1トライだけでしたし、見せ場もたくさんありました。
3_2 4_2
5_3 6_4
Hapons 第一試合 vs Arabian Pot Bellies  
HaponsもSamuras同様気合が入っていました。
 
HaponsのKOで試合開始。1分過ぎにトライを奪われ0-5。  
3分過ぎにレフリーの時計が壊れるハプニングで中断がありましたが,切れることなく集中してました。  4分過ぎ、レフリーが相手の辻へのハイタックルを見逃し、そのまま繋がれトライ。0-10  そのまま前半終了。  
「行けるぞ」の声で後半。  後半は一進一退。いいプレーも随所に見られました。  2分過ぎにスクラムを回され、相手にボールを取られ、さらにバックスでは二人交わされ、トライ。0-17  そのままノーサイド。
Photo_2 Photo_3
Photo_4
 
ということで、今年のManila10sは両チームとも未勝利で終わりましたが、課題も期待も一杯見えた大会でした。
サポート、応援ありがとうございました!!
Photo_10 Photo_11
来年も2チームでエントリー予定です。ぜひよろしくお願いいたします。 
複数チームで出場して頂いた方々ありがとう御座いました!
Photo_6 Photo_7
で、最後はやっぱりゆきちゃん お疲れ様でした!!!
Photo_8 Photo_9
文責:ゴーストライター

2014年 マニラ10s報告 【1日目】

322日、待ちに待ったフィリピン No.1 ラグビーイベント、マニラ10s

純正Haponsと海外組のSamuraisが国内外の外人相手に挑みました。 

 

Hapons

野久尾、鳥井、杉山、James、岡田、宝来、奥野、北口、横山、村越、日向、古城、杉本の13名。

 

Samurais

小野、渡辺、高久、内藤、佐野、石川、大澤、ドン田中、瀬戸口兄弟(カズ、トモ)、大王(北原)、宮尾太郎、阿部の13

 

大会第一試合をSamuraisが急成長中のCBRE Maverick Vipersに挑みました。

 開始いきなり1分、スクラムから出たボールを奪われ、そのままトライ。0-5

 3分にはモールから、6分にはディフェンスの穴をつかれ、終了間際にはスクラムを押され、合計4トライを奪われ0-24でノーサイド。

12

 

Hapons 第一試合 vs Curtin Uni Goats

 こちらも開始直後、バックスの隙間を疲れ20秒で先制トライを献上。0-7

 以降、単発でいいプレーはあるものの2分、5分、7分、9分と合計5トライを奪われ、0-33でノーサイド。

34

 

Samurais 第二試合 vs Pot Bellied Pigs RFC

 キックオフのボールをSamuraisがノックオンしたところをそのまま奪われ開始12秒で先制トライを献上0-5

 以降、2分、4分、6分、8分、9分と合計6トライを奪われ、0-40でノーサイド。

56

 

Hapons 第二試合 vs Baretto Blues

 いきなりノーホイッスルトライを奪われることもなく試合は進んだが、2分にスクラムサイドの反則でPKを取られ、クイックでそのままサイドを抜かれトライを奪われる。0-7

 4分には相手のパワープレーに屈し、7分には再びPKからトライを奪われ、0-19でノーサイド。

77_2

1勝、せめて、点を取って初日を終わってほしいなぁと願った両チームの第三試合はお昼を挟んで午後でした。

 

Samurais 第三試合 vs HKFC Scorpions

 1分、3分、5分、6分とトライを取られ0-22で迎えた残り1分、ゴール前の波状攻撃から最後は渡辺さんがトライ。歓喜の本日初得点。

 ようやく、点を取って5-22でノーサイド。

8_29

 Hapons 第三試合 vs Nomads Carabaos

 PRFU 10sFinalでは大敗を喫した因縁の相手。

 しかし、ハポンズはしっかり修正していました。

 が、2分、3分、5分、9分とパスミスやブラインドサイドをつかれて4トライ奪われ0-22

10 Photo

 そしてラストプレー。パスをつなぎ、左サイドでボールを受けた横山が相手を振り切り、独走。

 そしてゴールラインを超え、誰もがハポンズも得点で終了、と思ったその瞬間、インゴールでこけて、なんとノックオン。

 ハポンズ応援団だけではなく、観客も、レフリーも、あっけにとられたラストプレー。しかし、ハポンズの歴史に名を残すのは間違いないでしょう。

12

13 14

  玉記さんによれば、この試合、相手のタックル、一人目を振り切ったのち、二人目を飛び越えた野久尾キャプテンのプレーにも称賛の声が上がっていたそうです。

 振り切って、ピョン、の着地失敗・・・

1516

17

ということで、結果的には両チーム合計で1トライの初日でしたが、記録よりも記憶に残るハポンズのラストプレーで本日は終了。

 

HaponsSamuraisともにそれぞれのリーグで最下位でしたが、得失点差でSamuraisが最下位、Haponsがそのうえ、ということで、最初に書いた組み合わせとなりました。

 

試合後の記念撮影

1819

20

 

とゆきちゃん。

日焼けには気を付けないとね♪


21


文責: ジャンパーノクオ

2014年3月19日 (水)

【おしらせ】 今週末はマニラ10sです!!

ハポンズファンの皆様、こんにちは!!
今週末の3月22日(土)/23日(日)は、フィリピンで最大のラグビーイベント
Manila 10sが開催されます。
10sって何じゃ? という方。
15人制のラグビーと同じルールと同じ競技場の広さで、時間を短縮して
10人で試合をします。
そう、リオデジャネイロ・オリンピックから正式種目となったラグビー7人制。
これを10人でやります。
なぜ、10人か?

7人でラグビーをするのは辛すぎるからです。
素人の世界では、10人制がポピュラーなんです。


マニラハポンズは、「ハポンズ」と「サムライズ」の二チームを擁し、日本から来るハポンズOBと助っ人の皆さんを交えて、2日間、熱く、暑く戦います。
場所は、Nomads Field 。 空港のそば。 右側の「地図」をクリックしてみて下さい。
土曜日は朝8時から、1日3試合、合計6試合(10分一本)をやります。
ビールも売っていますよ。
ビール片手にラグビー観戦はいかがですか。フィリピンのみならず、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール、日本等々、約30チームが集まっての大会。


これは去年の写真です。
Photo

Photo_2

2014年3月10日 (月)

3月8日 PRFU 10人制大会 Final の報告

 
 3月8日(土)にNomads Field で開かれた10人制のファイナル。
 ファイナルというのは、ここ数週間でシリーズでやってきました10人制の最終戦という意味。
 上位4チームで準決勝を戦うことになり、Hapons は初戦はイーグルスの2軍であるイボンズと対戦でした。

 Photo
 Photo_3

言い訳はなんですけど、Hapons は人数も集まらず、助っ人を頼んでの参戦で、
なんといってもディフェンスのシステムがまるでだめで。。。。。

Photo_4

ぎりぎりの人数で、破格の12分ハーフ。

よく頑張りましたが、50点は取られすぎでした。。。

準決勝敗退で、次は3位決定戦。

こちらは、Nomadsの2、というかOld Boyチームでした。
前の試合が、早いチームだとすれば、今度は重くて大きいチーム。

Photo_5
こちらも、デフェンスシステムが出来ていないハポンズは、コテンパンにやられてしまい50点差。

厳しい1日になってしまいました。

でも、でもですよ、有機的につながりませんでしたが、いいタックルもあった。
機会が少ない中、いい攻撃はありました。

Haponsの今年のシーズンはこれからですから、今から頑張りましょう!!

Photo_6

 そうそう。
永田選手、Haponsでの最終戦でした。
こんな大敗で残念だけど、次の任地でもラグビーを続けてくれよな!
2014年アジア杯上海大会で、また会おうぜ!!!

Photo_7
新チームで試合に出れなかったら、ハポンズOBとして出れるから安心しろ(笑)。
文責:ブログ首席補佐官(す)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »