フォト
無料ブログはココログ

« 福山パパのご挨拶 | トップページ | 十分昇天可能な、サーキットトレーニング »

2014年6月26日 (木)

アイランドカップ2014参戦記 

 
 2014年6月21日(土)にジャカルタで、ジャカルタ、台湾、マニラの3チームによって争われる「アイランドカップ」が開催されました。
 その様子を、息子にラグビーをやって欲しくてハポンズに連れてきたら、自分もやるはめになってしまった大塚父さんのレポートと写真でご報告します。
Photo_5
開会式、左からジャカルタ、ハポンズ、台北。
Photo_11
使用前。

皆様

大塚父です。 今回は参加させていただき、本当にありがとうございました。

めちゃくちゃ、楽しかったです。試合も、遠征旅行も。 次回の試合もぜひ参加させてください。 少しだけ感想を書かせていただきます。ただ初参加なので自分のプレーに関する感想ですみません。

試合前の練習:

とにかく自主的に走って、あとパス練習(特に確実にキャッチする)に心がけました。

Photo_6

アップの風景その1

Photo_7

アップの風景その2。移動中はものすごい雨でしたが無事止んでくれました。

対ジャカルタ戦:

 タッチラインの外からの応援でした。

 小暮さんが圧倒的に声を出していて、自分はそこまで出せませんでした。戦っている選手のムードを高めるためにも、大声を出して盛り上げることが大事だと思いますが、できていなかったと思います。反省点です。 また、水の補給やアミノ酸のサプリメントの差し入れなど、小暮さんは積極的に動かれていました。見習いたいと思いました。

Cgk_4

試合前の打ち合わせ。今回の遠征は選手15人と最近ではもっとも充実の陣容

Cgk_5

試合開始から防戦一方。試合への入り方が悪かったと首脳陣は猛反省中。

Cgk_6

踏み込んだディフェンスを!

Cgk_7

辻氏のハポンズ初トライとなる「35キロ過ぎからの独走トライ」

高木君(初出場)が抜け出す。

Cgk_8

Dude(初出場)もしっかりサポート。SOから回ってきた辻氏が、、

Cgk_9

ここから独走が始まります。

Jgk

しかし、どんどん減速。「マラソン35キロ過ぎよりも辛かった」本人談。

なんとか70メートルを走りきりトライ。これがハポンズ唯一のトライ。

対台湾戦:

 試合開始前から、「この試合は出るぞ」と伝えられていましたので、とにかくいつ声がかかってもいいようにと思い、改めて走って身体を動かして準備しました。いざ声がかかった時はとにかく緊張して、後でビデオを見ましたが身体の動きがギクシャクしてロボットみたいでした。それくらい緊張しました。 

Tw

プリンス北口。

 ボールが動き出したら、とにかく追いかけようと思いました。 プレイで記憶に残っているのは、一度だけパスをキャッチしたシーン。 取った瞬間にタックルされて、真後ろにひっくり返ってしまいましたが、ただ背中からすとんと落ちたので頭を打たず、すぐに立ち上がることができました。

 しかしいとも簡単に転がされてしまったのはショックでした。キャッチまたは走り出しの体勢に問題があったのだと思います。

Tw_2

ゆきが攻める

Tw_3

ゆきが駆ける。

 次にラックです。ラックにも飛び込んで、なんとかボールを搔き出してやろうと思い、初めてラックに飛び込んだら運良くボールを掴む事ができました。無我夢中で後ろに放り投げたのですが、その後ボールが繋がってトライ(Dude君がやってくれました)に繋がったのです。これは本当に嬉しかった!

 (いやいや、それは反則。ラックで手を使っちゃいけません。。。)

Tw_5

一列目のご紹介。まずは岡田さん。

Tw_6

プロップ奥野さん。

Tw_7

そしてフッカーは軍曹。

では、「どフリーなのにディフェンスを探して当たりに行った疑惑」の検証。

Tw_8

一人はかわす。

Tw_13

加速。あ、中田君(初出場)、フォローしてくれてたのね。

Tw_10

「ゴールライン遠いなぁ。。。。」

Tw_11

「当たっちゃえ!!」

  最後にタックルです。台湾戦の後半最後の方でまた出場し、夢中でボールを追いかけていたら、台湾選手が目の前でボールを持って走ってきました。後で知ったのですが、台湾チームで一番大きい選手。怖い顔をして低い姿勢で走ってきたのを覚えています。これは止めなくちゃと思い、向かって行きました。正直、ぶつかった瞬間のことは覚えていません。痛くはありませんでした。後からビデオで見たところでは、当たった後、横に吹っ飛ばされてしまったようですが、味方の別の方のタックルもあってその選手を止める事ができ結局無得点に抑えられました。

これはとても嬉しかったですね。

Photo_8

杉本も初出場。

   本当に無我夢中でしたので痛さとか怖さとか全然感じませんでした。試合が終わったあとも興奮状態がしばらく収まらず、これがアドレナリンが出ている状態なのかなと思いました。どうしたらそのような状態になれたのかと聞かれてもわかりません。ただ、集中してボールを追いかけて走り回っていたとしか言えません。

  こうして私の人生初の試合は怪我をすることなく終える事ができました。短い時間でしたが、記憶は鮮明に残っております。一生忘れないでしょう。本当にラグビーを始めて良かった、ハポンズに入部して良かったと思います。大変楽しい遠征でした。繰り返しになりますが、初心者を温かく受け入れて下さったチームの皆様に感謝申し上げます。

 ありがとうございました。

Tw_12

大塚氏の勇姿。

Photo_12

もう一枚。

Photo_9

使用後。

Photo_10

アフターファンクションで部歌披露。

文責:す

« 福山パパのご挨拶 | トップページ | 十分昇天可能な、サーキットトレーニング »

大会/試合レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1823589/56619040

この記事へのトラックバック一覧です: アイランドカップ2014参戦記 :

« 福山パパのご挨拶 | トップページ | 十分昇天可能な、サーキットトレーニング »